墓石、お墓の京雅堂

Q&A よくある質問

Q&A よくある質問<お墓について>

Q1.墓地を探しています。お寺の墓地は寄付があると聞いたのですが。
A.お寺の檀家になると、お盆やお彼岸に拝みに来て頂く時や墓所の管理料など(年間約5000円〜10000円が多い)をお布施として納めますが、何かあった時は支えてくださいます。
また、本堂の改修などお寺に関する工事があった場合に寄付を募る場合もありますが、すべての寺院がそうだとは限りません。
それなのでご自身で気になるお寺のご住職に会い、お話を聞かれるのがいいと思います。
また京雅堂では寺院のご紹介もしていますので、ご相談してください。


Q2.子どもがいないのですが、お墓は作ったほうがよいのでしょうか。
A.もし跡取りがいないことを懸念されていたら、永代供養(墓)という方法があります。
永代供養とは管理者(お寺や霊園など)が責任を持って、供養と管理をするお墓のことです。
永代供養墓には個別で安置するもの、集団で安置するもの、合祀としてお骨を他の方のお骨と共に納めるもの、などの種類があります。


Q3.お墓を作るのにいくらくらいかかるものなのですか。

A.お墓にかかる費用は墓石代の他に、永代使用料、管理費があります。
石材店に頼むお墓工事の費用だけですと、石の種類と石を使う量によって数十万円から一千万円以上のものまで様々です。
墓石に使用する石は100種類以上にのぼります。
はじめにご予算を伝えていただければ、ご予算に合ったご提案をさせていただきます。
もちろんお見積もりは無料です。また現場を見せていただくと、より正確なお見積もりができます。


Q4.和型と洋型とはどう違うのですか。
A.和型の墓石とは、江戸時代から広く使われている伝統的な墓石です。
一番上に棹石があり、上台、中台、一番下に芝台という四段の形、もしくは芝台を置かない三段の形が基本です。
洋型の墓石とは、ガーデニング霊園や西洋霊園の出現で登場したもので、形としてはオルガン型といわれる横長の長方形のもの、アメリカで多くみられるストレート型、プレート型などがあります。
他にも個性を出したモニュメントのような墓石もデザイン墓石としてつくられるようになりました。


Q5.工事は何日くらいかかりますか。
A.ご契約をいただいてから約一ヶ月をみていただいております。
ご契約後、石の発注、加工、基礎工事、施工、そしてお引渡しとなります。
ただしこの間にデザインなどの打ち合わせ時間は含んでおりません。
一生に一度、代々続くお墓を作るのですから無理にお急ぎにならず、じっくりご家族やご親戚と相談してください。
お客様が心から安らげるお墓ができるように、私どもとしっかり打ち合わせしていきましょう。


Q6.墓地の移転はできるのですか。
A.はい、できます。
一般的には引っ越し先の管理者から「受け入れ証明書」、前のお墓の管理者から「埋葬証明書」の発行をしてもらいます。
そして市町村役場に申請して「改葬許可証」を交付してもらい、前のお墓の管理者に確認していただきます。その「改葬許可証」を新しいお墓の管理者に提出します。
また、住職に魂抜きや納骨の法要をしてもらいます。


Q7.移転の費用はいくらくらいかかるのですか。
A.移転する距離とお墓の内容(前のものをそのまま移動するのか、新しく作るのか)により変わります。
ぜひご相談ください。


Q8.お墓を新しく作り変えたいのですが、今のお墓に古い石塔がたくさんあります。
どうすればよいのですか。

A.古い石塔等を生かした墓所のご提案もしております。
またこちらでご供養する場合もあります。


Q9.ペットのお墓は作っていただけますか。
A.はい。お作りしております。
記念碑や点字彫りといって石に姿を彫ったり、置物をお作りしたり、方法は様々です。ご相談ください。
ただし埋葬される場所は、ご自身の納骨堂とは分けてください。


Q10.石塔の色は黒が多いですが、黒の方がよいのですか。
A.今ではお墓に使う石は100種類以上といわれます。
墓石に使われる石の色には地域差がありますので、必ず「この色でなければいけない」というものではありません。
一般的には黒系、白系、グレー系、グリーン・赤系などが用いられます。


Q&A よくある質問<お仏壇について>

Q1.チラシを見ると18号や20号とあるのですが、どういう意味ですか。
A.今までの仏壇は戸幅のサイズとして、18号は1尺8寸(約54.5cm)を表示したのですが、現在はcmの表示が多くなっています。


Q2.やっぱり欅や紫檀・黒檀の素材じゃないとだめですか。予算に合わないのですが・・・。
A.昔は黒檀・紫檀のような銘木に人気があったのですが、今は素材にこだわらずにデザインと予算で選ばれる方が多くなっています。


Q3.仏具って何ですか。
A.仏具(ぶつぐ)は仏壇の中で使用する道具です。香炉、ローソク立て、湯飲み茶碗、仏飯器、花立を5具足(ぐそく)といいます。これにオリン(鐘)があれば毎日の礼拝はできます。


Q4.神式とは普通の仏壇と違うのですか。
A.正式には神式は白木の仏壇ですが、今は手入れが大変なのでほとんどの方が普通の仏壇を選びます。


Q5.経机は必要ですか。何に使いますか。
A.必ずなくてもいいのですが、お盆、お彼岸、供養の時には仏壇の中だけでは狭いので経机があれば便利だと思います。


Q6.位牌の大きさは決まっているのですか。好きなものを選んでいいのでしょうか。
A.位牌の大きさは2.5寸〜6.0寸があります。
2.5寸、3.0寸の小さいものは水子さんに作られる方が多いです。
それと仏壇の大きさで選べばよいと思います。


Q7.仏壇を置きたいのですが部屋が狭いです。小さいものはありますか。
A.はい、ございます。
仏壇のサイズは色々あります。
小さいものは位牌だけを納める仏壇もありますので、仏壇を置く場所が決まったら寸法を測ってから購入されればよいと思います。


Q8.仏壇を置く場所は決まっていますか。
A.一般的に関東では「仏壇は人の集まるところ」といい、茶の間に置く家が多いです。
デザイン性の高い家具調仏壇(現代調仏壇)はリビング、ダイニングなど、どこに置いても大丈夫なようにデザインされています。


Q9.掃除はどのようにすればいいですか。
A.乾いた布(仏壇用のクロスも市販されています)で拭いてください。
汚れがひどい時は固く絞った布で拭いてもよいのですが、木製の仏壇は水けを好まないので毎日はおやめください。


Q10.買い換えたいのですが、前の仏壇は引き取ってもらえますか。
A.もちろん無料でお引き取り致します。